2021年02月20日

C&EI 40' PS-1 boxcar (Kurtz-Kraft)

C&EI 65500, Chicago & Eastern Illinois, BLT/NEW 6-56
Kurtz-Kraft Inc. PS-1 40' box car kit K-100D $0.89, released in 1957
- Accurail Bettendorf trucks, IM 33"#110 wheelsets, Kadee #148 couplers, and 20-gram x 2 weights

02IMG_4658.jpg

01IMG_4659.jpg

04IMG_4655R.jpg

03IMG_4654L.jpg

06IMG_4662.jpg

07IMG_4663.jpg

05IMG_4661.jpg

08IMG_4666.jpg

09IMG_4653.jpg

10IMG_4649.jpg



29IMG_4476d.jpg

27IMG_4479.jpg

32IMG_4495.jpg

25IMG_4486.jpg
車体色はモールドそのもの。金型温度ムラとフローマーク、屋根にはエジェクタピン裏のヒケ

23d.jpg

22d.jpg

2021-02-20 車体上回り5面体を組む。屋根板が側板よりも0.3ミリほど短い。接着剤が一部はみ出し。屋根板側面と妻板側面にリベット列が表現されている。台車はAccurail製を想定したところ、心皿に0.5-0.8ミリの間座が必要と判明。カプラーポケットに合わせて床板のモールドを一部削除。レタリングは水に溶けない。シルク印刷か。

31IMG_4556.jpg
2021-02-22 カプラー取付と台車中心ピンのための裏板(1.2ミリの2枚合わせ)を床上面に接着。ウエイト20グラム×2を接着。カプラー取付孔位置を間違えて埋める。ブレーキ3部品を接着。床板抜け止め2個を側板内側に接着。

33IMG_4560.jpg
引戸の下ガイドと競合する車体側面のリベット片側4個(両側で8個)を削除。

34IMG_4563.jpg
2021-02-27 車体ディテールパーツ取付。手ブレーキホイールのプラットフォームをプラ板より自作。各グラブアイアンはプラ帯材を切り出して立てて接着(0.015×0.040インチ0.4×1.0ミリのstrip)。接着剤のハミ出しが見苦しくなってしまった。
2021-03-07 接着剤のハミ出し部にサンドペーパーを掛ける(#800, #2000)。追加した白色プラ部と黄銅線0.5ミリを茶色筆塗り(茶 D2オリジナル)
2021-03-08 ツヤ消しクリアでオーバーコート。




MR1956-12p24g.JPG
Page 24 of the MR Dec. 1956

MR1957-02p18d.JPG
Page 18 of the MR Feb. 1957

MR1957-03p13d.JPG
Page 13 of the MR Mar. 1957

MR1957-12p16d.JPG
Page 16 of the MR Dec. 1957

MR1959-03p12e.jpg
Page 12 of the MR Mar. 1959


MR1981-07p137.JPG
Page 137 of the MR July 1981

The product was re-released by Red Ball (Howell Day?) in 1965 (page 11 of the MR Feb. 1965 issue), and by Cannonball Car Shops in 1981 (page 137 of the MR July 1981 issue). See Tyco Depot Train Collectors & Model Railroading Forum (Feb. 2018-), MR General Forum (Sept. 2010-), and Tony Cook website (RMC Collector Consist: Buyers Balked at a Better Boxcar (Feb. 2021))
ラベル:Kurtz-Kraft C&EI
posted by Works K at 07:44| Comment(0) | boxcar 40' PS-1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: